List

It was a pleasure to present some of my recent research into relational mobility and behaviors on social network sites today, at the University of Centerbury’s Department of Accounting and Information Systems. A big thank you to Dr. Stephen Wingreen for organizing and hosting the hour-long presentation. It was great to hear some of the innovative research him and his colleagues are doing regarding social media and commerce in the 21st Century.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

  Posts

1 6 7 8 9 10
July 29th, 2010

ePolitics:誰が発展をリードするか

July 29th, 2010

SNSのデータ収集のチャレンジ

July 23rd, 2010

金曜映画館|グラフィティアーテイストのストップモーション

July 19th, 2010

月曜英語教室|wouldn’t (don’t) have a prayer

Sorry, this entry is only available in Japanese.

July 16th, 2010

インターネットは均等化剤なのか?

Sorry, this entry is only available in Japanese.

July 16th, 2010

金曜映画館|Coltonの腕前

July 15th, 2010

授業中のお菓子?

Sorry, this entry is only available in Japanese.

July 14th, 2010

Web 2.0|マスメディアを再定義

Sorry, this entry is only available in Japanese.

July 10th, 2010

フェースブックを利用する日本人のパラドックス

July 8th, 2010

英語教室|Hat Tip

英語のソーシャルメディアでよくつかわれている表現の一つは「Hat Tip」です。 そして動画だけではなく、ブログなどにも使われている表現です。 Twitter Blogs 意味 かつては、”To tip one’s hat”というのは、相手に尊敬、感謝、承認、認識を表わす行動でした。起源は19世紀西欧で、散歩などで知り合いを通りかかったときの非言語的挨拶として生まれたそうです。今のブログの世界での「Hat Tip」の使用は、誰かが何らかの出来事への努力を認識したり、誰かの既存のブログの記事が著者の記事のきっかけとなっていたことを公開したり、話題となっている面白いことを最初に発見した人に尊敬を表したりするために使われています。例は先日の「囚人のジレンマ|あなただったらどうする?」に参考しましょう。その記事のきっかけは、刺激的なYoutubeのビデオの発見でしたが、私が発見したわけではなく、Googleで”Prisoners’ Dilema”を検索したところGreg Mankiwという大学の先生のページが出てきたことによって私が知られたわけです。なので、Mankiw先生の先着性を認識し、”Hat tip to Greg Mankiw”と書きました。また、Twitterなどで、利用できる文字数が限定されている場合は、Hat Tipが「H/T」になったり、「ht」になったりすることもあります。 Hat tipをちゃんと書くことによって、ネットのコラボレーション性が高くなり、相手への利益にもなります(自分のサイトにリンクが多ければ多いほど検索エンジンのランキングがあがる)。誰かが自分の仕事・研究などを容易にしたり、助けたりしたら、少なくともその人に言及し、リンクするといいお返しになります。 […]