List

Sorry, Japanese only.

言語決定論と題付けしてもよいではないか。要するに、人間の認識は人間が使う言語によって形作るという見解である。これは「極端」な言語決定論であ る(Extreme Whorfianism)。言語学では、これは「Mould Theory(成型理論)」といって、利用されている言語がすべての認識を形作られていくという理論である。この理論に対立するのは「Cloak Theory(マント理論)」である。この見解では逆に人間の言語は認識に形作られるということになる。

両方の見解の妥協点(Moderate Whorfianism)は:

  • 認識は避けられなく言語に決定されるのではなく、認識は言語に影響を受ける可能性があることはあり得る。
  • 相互的な過程であるので、「利用する言語」は「世界の見方」にも影響を受ける。
  • 影響の原因を探る際、ある特定の「言語」ではなく、言語の内面に存在する「Sociolect(社会方言)」に注目を浴びたほうがいい。
  • 社会的文脈を十分考慮しないといけない―社会的な圧力への服従がもたらす特定の言語の使用など。

参考資料

Be Sociable, Share!
  • Twitter
  • Facebook
  • email

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

  Posts

1 2 3 10
September 4th, 2015

4th Sept 2015 – Presentation at the Department of Accounting and Information Systems at the University of Canterbury, New Zealand

September 1st, 2015

September 2015 – Visiting Scholar at the Center for Applied Cross Cultural Research at Victoria University of Wellington, New Zealand

May 25th, 2015

1st July 2015 – New article about relational mobility and Internet privacy concern

March 25th, 2015

2015/03/25 – Accepted to the Oxford Internet Institute Summer Doctoral Program

March 25th, 2015

2015/03/24 – Short piece in the Japan Society of Social Psychology Newsletter

March 7th, 2015

2015/03/06 – Presentation at Victoria University of Wellington School of Psychology’s Colloquium Talk Series

February 14th, 2015

2015/02/14 – WebLab Meeting Presentation (Tokyo Keizai University)

March 18th, 2014

In-mind Post of the Month

February 15th, 2014

In-Mind Post

February 5th, 2014

A summary of Yamagishi’s pen choice study